霊草ヨモギと万葉集と枕草子のこと

ヨモギの学名が、ギリシャ神話の女神の名前から来ていることは前回お話ししましたが、今日はヨモギの霊草としての歴史のお話です。



よもぎは、古い文献の中では万葉集に登場しています。


「あやめぐさ 蓬(よもぎ)かづらき 酒みづき(巻18)」


霊草であるヨモギとアヤメを髪に挿して、酒宴を開いたという意味です。



よもぎの薬効としては、「飲んでよし、食べてよし、付けてよし、浸かってよし、焚いてよし」と言われるほど万能です。


女性特有の症状の改善、高い排毒効果、鎮静作用、体を温める作用、腰痛などの体の痛みの改善、浄血作用、肌に対しては保湿、抗菌、脂質代謝、抗炎症作用があります。




枕草子の中には、5月の節句に、ヨモギやショウブを軒に下げて邪気を払ったということが記されています。


このように、昔の人々はよもぎの生命力の強さと薬効にあやかりたいという気持ちから、よもぎを霊草として大切にしていました。



外から入ってきたものをお金で買うようになり、足元の物に感謝して暮らさなくなったあたりから、身近にあるよもぎや母子草(前回出てきましたね)は「雑草」と呼ばれるようになってしまったのではないかなと思っていて、Kigiは身近な草花にスポットを当ててあげたい願望が強いのです。




というわけで

★ いよいよ来週!ヨモギの芳香蒸留化粧水づくり+瞑想+カラーセラピーの盛り沢山な特別企画

Yomogi × Colour × Meditationはこちら。


★ 今週末 カキドオシの芳香蒸留水でフェイスクリームづくり はこちら


Kigi

薬草専門家   植物の声を聞く人 八ヶ岳南麓にて季節の薬草観察会、薬草を使ったコスメやお手当の講座などを開催しております。 足元の植物に感謝と敬意をもって共に生きる暮らしをご提案しております。 出張講座のご依頼、ご質問などお気軽にお問合せください。 代表 波多野ゆふ 08kigi@gmail.com