八ヶ岳版七草を探しに  その2

「セリ、ナズナ・・・」に代表される春の七草。


この時期の八ヶ岳ではほとんど姿を見かけることはなく、八ヶ岳版春の七草を探しに出かけたのでした。(八ヶ岳版春の七草を探しに その1


さて、素晴らしい植物たちがたくさんいてなかなか進めず。


あと4種類見つけなくては。


進みます。


オオバコ。


枯れた花穂の中には種がびっしり入っています。



花軸からはずして


そっと息を吹きかけると

殻が飛んで種だけが残ります。


オオバコはたくさんの効能を持つ薬草ですが、種にも薬効があって、目の疾患によく効きます。

視力減退、かすみ目、目の充血などによいので、最近目の老化が激しい私にはピッタリ(笑)


まさにその人にとって必要な草はその人の側に生えています。


種をふりかけにしてお粥にかけよう。


さて、進みます。


ナズナ。


葉っぱの部分は枯れていたので、お花をお粥に入れることにします。


進みます。



カブトムシの亡骸発見。


土の上に横たわる美しい虫たちの亡骸を見ると、いつも憧れに似た気持ちになります。


わたしもその時が来たら土に帰りたいなあ。



しばらく行くと湧水がところどころ凍っています。




美しさに暫し見とれ、氷のかけらを口に含んでされに進みます。


えっと、春の七草を探しています!

あと2種類。


その3に続きます。









Kigi

薬草専門家   植物の声を聞く人 八ヶ岳南麓にて季節の薬草観察会、薬草を使ったコスメやお手当の講座などを開催しております。 足元の植物に感謝と敬意をもって共に生きる暮らしをご提案しております。 出張講座のご依頼、ご質問などお気軽にお問合せください。 代表 波多野ゆふ 08kigi@gmail.com